看護部教育体制

看護部理念

~寄り添う看護~ 病院の理念の下、患者に関わる全ての人に寄り添うこと

看護部方針と目標

方針

町田病院が目指す「安全に・迅速に・思いやりを持って」の医療を実践するために、
スタッフ一人一人が「人」と一緒にケアをしているという自覚を持ち、
「相手に関心を持って寄り添う心」「安全な医療を提供できる能力」「チーム医療の実践能力」を備えてケアができるように教育、支援する。
 

目標

1)医療チームの組織の一員として自覚し行動できる
2)多様なヘルスケアニーズを持つ個人・家族及び地域住民に対し、安全・安心な医療と退院支援のサービスを提供できる。
3)接遇に留意して、対象に合わせて安心できる業務が遂行できる。
4)必要な知識や技術を身に着け、一人一人が自立した管理能力の向上を目指す。
 

看護師として目指す姿

1)患者に寄り添うことができる看護師
2)患者の意思決定を支えることができる看護師
 

看護部としての取り組み

地域に根差した看護体制
・周手術期の看護、在宅支援に力を入れています。
・他職種連携で在宅復帰を支援し、退院後も切れ目なく医療サービスを提供する地域包括ケアシステムを実践しています。

クリニカルラダー

◆各段階別到達目標


◆看護実践能力の核として必要な4つの力
<4つの力は密接に関連しどの場においても発揮される>

4つの力に順序性はなく、並列と考え、それぞれが密接に関連しながら実践される
・新人看護職員努力義務化に伴い、従来の4段階レベルから5段階レベルで作成されている
・ 能力の習熟段階を示すため経験年数別ではとらえない

新人教育

◆目的:町田病院の看護部の一員としての心構えを養い、職場適応を促進する。
◆目標:
1.当院及び看護部の組織の概要を理解し、職員としての心構えができる
2.当院における医療安全対策、感染対策、褥瘡対策を理解し、実践できる。
3.配属部署の特徴・看護について理解し、チームの一員として業務ができる。
4.看護過程を展開し、自己の看護を振り返ることができる。

 

年間研修スケジュール(平成30年)

年間を通して経験やレベルに合わせた研修をおこなっています。


 

フォローアップ体制

職場づくり

中途入職の方も不安なく溶け込めるよう、入職後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月のフォローアップを行っています。
技術面での研修とともに、悩みや想いを個別に聞く機会を設け、一人ひとりのステップを支える仕組みを設けています。

また、入職者の方に寄り添うプリセプターへの研修も行っています。

 

育成

一人ひとりに向き合う「寄り添う看護」を実現するため、他職種での研修を実施。

病院内での看護だけでなく、病院外・地域に目を向け、視野を拡げる研修を行っています。

また、手技やスキル面での研修については、子育て世代の方も負担なく学べるe-ラーニングの仕組みを提供しています。

交通アクセス

〒194-0036
東京都 町田市 木曽東4-21-43

小田急線・JR横浜線「町田駅」より神奈川中央交通バスで約15分。
「三家」バス停下車、徒歩1分。

お電話でのお問い合わせ

042-789-0502

採用担当